ふるさと納税 「今だけ2倍」


例えばふるさとチョイスだと「ニコニコエール品3」というものがただ今実施中。

https://www.furusato-tax.jp/feature/a/niconico-yell?top_ttarea

新型コロナウイルスの影響で外食産業の需要が落ち込み、牛肉や果物、魚介類などの特産品が行き場を失っています。

ニコニコエール品は、被害を受けた生産者を助けるために作られた、期間限定のお礼の品です。地域の事業者が農林水産省の補助事業※を活用する予定の取組となります。

各地のおいしい特産品をたくさん食べて、生産者を応援しましょう!

農水省の「国産農林水産物等販売促進緊急対策事業」を活用しているようで。なので、予算に限りがあるためキャンペーンは期間限定で、ふるさとチョイスのニコニコエール品3については10月21日が期限。

この事業では、新型コロナでダメージを受けた生産者から地元の生産者団体等が農水産物を仕入れる際、かかった費用の半額を国が補助するもの。

つまり、補助金をふるさと納税の返礼品の仕入れに充当すれば、自治体が負担する調達費は半分で済むことになる。

ふるさと納税の返礼品のルールとして、調達費を寄付金額の3割以下にすることが求められているが、補助金を利用すれば実質寄付金額の6割の返礼品を送れることになる。

総務省はあくまで3割ルールは自治体が支出する調達費についてのもので、補助金は規制対象外、と。

農水省も法的に問題がない旨を総務省に確認済、と。

新型コロナ禍では総務省も静観ってところでしょうか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました