私道供用宅地の該当性で最高裁が差戻し判決


週刊税務通信 平成29年3月6日 №3448 より

T&Amaster №681 2017.3.6 より

既報の事案ですが。

最高裁、歩道状空地の相続税評価で弁論

本件、この事案でしたか。

私道供用宅地には該当しないと判断、相続人側の訴えを棄却

私道の該当性について、建築基準法等の法令上の制約の有無だけでなく、宅地の位置関係、形状、道路としての利用状況、道路以外の用途への転用の難易等に照らし、宅地の客観的交換価値に低下が認められるか否か、その低下がどの程度かを考慮して決定する必要がある、と。

杓子定規はダメと。逆に自戒したい。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました