相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

税務署窓口で申告書等を提出する場合、「提出票」の作成が必要となります


これも昨日の例会での税務署との協議会において話がありました。

(前略)重要な個人情報を取り扱う行政機関として、提出された文書を従来にも増して厳格に管理する必要があることから、納税者(税理士)の方が税務署の総合窓口(管理運営部門の窓口)で申告書・届出書等の税務関係書類を提出する場合には、併せて「提出票」の記載・提出をお願いするものです。税理士等による一括提出の場合は、一覧表(別紙)を提出票に代えて構いません。

 ただし、所得税の確定申告期においては、従来どおり「所得税の確定申告書等の提出(受付)名簿」を使用いただくようお願いいたします。

提出票は原則として1納税者ごとに1枚作成してください、とのこと。

これは面倒くさいのがまた増えることに…

郵送による提出、所得税確定申告会場における提出においては不要なんですね。

いずれにせよ、電子申告するので関係ないといえばないのですが、それこそ前エントリーにも書きましたが準確定申告は書面での提出ですから、近場の税務署であっても郵送で提出することに拍車がかかりますね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi