みずほFG、1.9万人削減へ 構造改革案の概要

Pocket

みずほFG、1.9万人削減へ 構造改革案の概要:朝日新聞デジタル

 ――将来の店舗のあり方は。

 「大きく変わっていく。駅の一番良いところに店を持つ必要はなくなってくる。ATMもいらなくなる。自動化店舗に振り替わっていく。一方、アドバイスが必要な住宅に近いような店は、小規模で午後11時まで開いているとか、土日も開いているような店舗が必要になる。住宅ローンについては、メガバンクと地銀との間ですみ分けるようなことが一部進むかもしれない」

住宅ローンについては予想通りの展開と言いますか。

 ――1・9万人はどう削減するのか。

 「一つは採用と退職のバランス。採用人数は従来のレベルより減らす。もう一つは、金融機関の場合は地方や事業会社も含めて人材のニーズがあり、比較的(人材を)囲い込んでいたが、開放して減らしていく。(希望退職は)ない」

それよりもこちらの方が気になります。融資先に出向という名のリストラを断行するのかどうなのか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket