固定資産税 千葉県印西市が21年間過徴収

Pocket

納税通信 第3491号 2017年9月25日

千葉県印西市が同市内の会社が所有する事務所の固定資産税について21年間で約2.3億円過徴収していたと。

過払分と利子相当額の合計3.1億円が還付されるのとのこと。

で、過徴収の原因はと言いますと、本来「鉄骨造」とすべき建物について、「鉄骨鉄筋コンクリート造」で計算していたと。

総務省から注意喚起として典型的なミスとして本件「鉄骨造」を「鉄筋コンクリート造」とする事例をあげているようですね。

まぁ、市区町村の税務課の担当官は2年ほどで担当課が変わってしまうので、鉄筋だか鉄筋コンクリートだかよくわかってないのでしょうね…

翻って、我々納税者としては、固定資産税の課税明細で本来「鉄筋造」なのに「鉄筋コンクリート造」になっている可能性を見逃してはいけないということですね。注意してみていきたいところです。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket