国税の納税証明書台紙のデザインを一部変更


日替り税ニュース

近年では、偽造された納税証明書を使った新規融資の申し込みをする事件が多発しており、国税庁では偽造防止のため用紙変更を重ねてきた。台紙には、コピー機等で複写した場合に浮き出る「隠し文字」に加え、視線を変えることで二つの画像が現れるマーク、マイクロ文字などを施しているが、今回さらに、台紙中央のレリーフのデザインを変更したほか、特殊な金属箔を使用したマークを施すなど、より偽造しにくい体裁となった。

悪いやつのためにかかる社会が負担するコストたるや。

で、こちらが新様式と。

納税証明書の新様式

平成28年3月以降発行のものからということですから、既に新様式が始まっているんですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました