相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

会計税務委託料を必要経費と認めず


T&Amaster №635 2016.3.21より

審判所、家事関連費と判断も業務遂行上必要な部分を区分できず

不動産貸付業を営む請求人が、請求人の妻が代表取締役を務める会社に支払った「会計税務委託料」が不動産所得の計算上、必要経費に算入されるか否か。

で、審判所は、所得税法45条1項二号に規定する必要経費に算入されない所得税に関するものであり、家事関連費と認定したうえで、本件会計税務委託料は業務ごとの内訳がなく一括で定められているため、所得税法施行令96条1号後段の要件である「業務遂行上必要である部分を明らかに区分することができる」を満たしていないと指摘。

家事関連費は「業務遂行上必要である部分を明らかに区分することができる」のが要件です。

確定申告期は終わってしまいましたが、結構、適当に○○%は必要経費、としている案件が見受けられました。ダメです。ここ、私は厳しく見ています。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi