2017.08.21 夜練 ローラー60分

終日外出。

入間~小平~所沢~ふじみ野~小川町と巡回。

戻ってローラー60分

  • 15分 アップ
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×12
  • 3分 ダウン
  • 15分 レスト
  • 15分 レスト

15分のレストはブラケットとドロップを交互に。

インターバル負荷1でケイデンス100rpmを維持できるくらいまでは戻ってきた。もう少し。

懸案の仕事も完了したので日々のトレーニングを継続して積み重ねていきたい。せっかく状態を仕上げたのに激務に追われて中断しては元も子もない。

ストイックに淡々と。フィジカルもメンタルも税法も日々の積み重ね。

2017.08.18 夜練 ローラー40分

夕方から租税教育の会議があるのでそれまでに仕事とトレーニングは終わらせておく必要があり16時くらいからローラー40分(負荷1)

  • 15分 アップ
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×12
  • 3分 ダウン
  • 10分 レスト

途中電話などかかってきたため40分で終了。まだまだ踏めない感。もう少し続ける必要あり。

 

2017.08.17 夜練 ローラー60分

午後から相続税不動産の現地調査と役所調査で所沢。

戻ってローラー60分(負荷1)

  • 15分 アップ
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×12
  • 3分 ダウン
  • 15分 レスト
  • 15分 レスト

15分のレストはブラケットとドロップを交互に。

じわっと足が戻りつつあるけれどまだまだ全然ダメ。焦らず戻す。

生産緑地の2022年問題で「都市部の地価暴落」は本当か?

生産緑地の2022年問題で「都市部の地価暴落」は本当か?

 最後に、対策を整理しておこう。2022年問題を含めて、郊外の土地・戸建が相対的に不利で、都心のマンションが有利であることは明らかである。だからこそ、親が戸建からマンションに引っ越すことが資産維持に繋がるだけでなく、相続税対策にもなる。

まぁ、そうなんですけど。地主にそれを提案してもなかなか首を縦に振らないといいますか…

2017.08.16 夜練 ローラー60分

終日事務所仕事。捗る。

それにしても雨が続く。

夕方から外出予定なので16時からローラー60分(負荷1)

  • 15分 アップ
  • 10分 インターバル(30秒+30秒)×10
  • 5分 ダウン
  • 15分 レスト
  • 15分 レスト

15分のレストはブラケットとドロップを5分交互に。

まだ全然足が戻らない。負荷1が重い。

2017.08.15 夜練 ローラー60分

日中はひたすら仕事。今日も世間はお盆休みにつき、電話もかかってこずに集中して没頭。

夕方からローラー60分(負荷1)

  • 15分 アップ
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×10
  • 5分 レスト
  • 15分 レスト
  • 15分 レスト

後半30分は5分ごとにブラケットとドロップをチェンジしながら。

戻すのには2週間くらいかかりそうかな。焦らず戻していこう。

筋トレと減量も同時進行で。

印紙税検定

印紙税検定

印紙税検定とは

特徴

◆印紙税の専門家を養成する目的で創られた講座

◆初級篇は、印紙税法の考え方の基礎を身に付けるための講座で、事例を交えてわかりやすく解説

◆受講者のご都合に合わせて繰り返し受講できるインターネット講義形式

◆章毎に基礎が身に付く確認テスト、最後に習得を確認する修了テスト、様々な問題形式で法的思考が学べる

鳥飼先生、次々と新手を繰り出していらっしゃるところがすごい。初級編とあるので、上級編も予定されているということですね。

契約者と保険料負担者が別「名義保険」、相続税に注意 申告漏れに国税厳しく

契約者と保険料負担者が別「名義保険」、相続税に注意

 税務当局が相続税の調査で生命保険の申告漏れに本格的なメスを入れ始めた。特に契約者が実際には保険料を負担していない「名義保険」に関連して申告漏れや課税逃れが目立ち、当局は神経をとがらせる。指摘を受けないためにはどうすればいいのか。
これに対して、うっかりミスで申告漏れが起きやすいのがだ。被保険者が父以外の人(表では母)になっており、父が死亡し相続が起きても保険金は下りないため油断しがちだ。
課税逃れを意図した名義保険だと指摘されかねないのがだ。契約者の名義は長男、実質的な保険料の負担者は父というパターンだ。例えばでは被保険者も長男となっており、父の名前は保険契約書に載っていない。このため契約上は、父が死亡しても何も起こらない。

今更といった感じですが。以前からこのあたりは厳しく見られていたと感じます。相続人本人が相続財産と気付いていないことがほとんどなので、如何にして上手に説明して相続税の対象だとわからせるかがポイントかと。説明してもわからないって場合が多いものですから。

年末調整、ネットで完結 住宅ローン減税など20年度めど

年末調整、ネットで完結 住宅ローン減税など20年度めど

財務省と国税庁は、紙の書類でやり取りしている住宅ローン減税などの年末調整の手続きをインターネットで完結できるようにする。会社員はマイナンバーの個人サイトに金融機関から送られてくるデータを勤め先に転送、企業もネット経由で税務署に提出する。電子化を通じて年末調整で利便性を高め、低迷するマイナンバーカードの普及にもつなげる。

効率化とバーターでマイナンバーカードを普及させたいのでしょうね。いずれにせよ効率化されるのであれば歓迎したいですね。紙で発行するには要手数料とか。