2月決算法人の倒産防止共済掛金 未払計上で損金算入OK

Pocket

週刊税務通信 令和3年2月22日 №3643 より

既報のとおり懸念されていた2月決算法人についての中小企業倒産防止共済の前納掛金の引落日の問題の続報です。

中小企業倒産防止共済 令和3年2月期決算法人で問題が発生
週刊税務通信 令和3年1月25日 №3639 より 倒産防止共済については、支払日の属する事業年度の損金算入ですが。 令和3年2月期の決算法人について、問題が生じているようで。 倒産防止共済の掛金の引落日が毎月27日であるところ、 ...

国税庁に確認したところ、本来の引落日が金融機関の休業日と重なったことで実際の引落日が翌期になっても未払計上することで当期の損金算入を認めると。

おととしの元号改定に伴う10連休(2019年4月27日~5月6日)の際も、実は同様の対応がとられていたのですね。知りませんでしたし、そのときに誰も騒いでなかった気が…

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました