配偶者控除等の見積額の異動 年調後は再年調or確定申告で対応


週刊税務通信 平成30年11月26日 №3533 より

タイトルのとおりなのですが。何故一発で完了できない制度設計にしたのか。従業員も会社も税務署も手間がかかるじゃないか。

翌年1月の源泉徴収票作成時までに見積額の異動が判明した場合
  • 再年調 or 確定申告
同作成時までに判明しなかった場合
  • 確定申告

上記については、過大徴収(還付)でも徴収不足(納付)であっても同様。

注意点として、徴収不足で確定申告を選択した場合に従業員が確定申告を失念すると、後日税務署から会社宛に徴収不足額の連絡が来てしまうので忘れずに確定申告するように指導しておくことが必要。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました