無道路地 半値八掛け二割引き


相続税の概算をするとき、無道路地があった場合のとりあえずの対処方法ですが。

厳密には通行路部分を評価減するわけですが、概算ではイチイチやっていられません。

その場合どうするか。

不動産鑑定士さんの世界では、無道路地は「半値八掛け二割引き」と言われてます。これで概算として算定すればいいでしょう。

路線価×地積×1/2×0.8×(1-0.2)

ということですね。

つまり、更地価格を100とした場合の32%で評価すると。

無道路地は接道していないわけで、普通は建物が建てられません。

通常は売れませんので、もっと低くてもいいと思いますが。

概算ではこのくらいでよろしいかと。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました