製麺会社を1億円余の脱税で告発(NHK)


源泉所得税は、国に代わって会社などが従業員の給与から天引きし納付することが義務づけられていますが、この会社では、11人について、扶養控除の申告書が提出されていないのに税額を軽減していたということで、名古屋国税局は所得税法違反の疑いで静岡地方検察庁に告発しました。

以前から言っていることですが、扶養控除等申告書は甲欄で源泉するための申告書ですからね。扶養控除を受けるための申告書は二次的なものであって。「扶養控除の申告書が提出されていないのに税額を軽減していた」というところに当局の本音が表れていると思います。

岡田代表取締役は取材に対し「役員は身内なので申告書を提出させる必要はないと思っていた。指摘を受けて納税を済ませた」と話しています。

税理士でもこの程度の認識の人は結構いますから。

しかしそれにしても恐ろしい。脱税扱いされてしまうのですね。記事にはなっていない経緯もありそうですが。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20190123/3030001759.html

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました