生産緑地の延長、8割が申請 首都圏自治体が後押し(日本経済新聞)

Pocket

大都市圏の「生産緑地」に対する税優遇措置を10年延長する国の特別制度について、首都圏1都3県で多くの生産緑地を抱える自治体では、2022年に優遇措置の期限が切れる面積の8割近くの所有者が延長を申請していることが分かった。自治体は環境維持や防災のため生産緑地の維持を目指しており、延長申請を後押ししている。

8割が延長申請なんですね。特定生産緑地を選択すると。不動産ビジネス的には残りの2割をターゲットにしていくのでしょう。

特定生産緑地を選択する場合

  • 固定資産税は農地課税継続
  • 相続税納税猶予可能
  • 10年ごとに更新可能
  • 買取申出は死亡等に限定

 

特定生産緑地を選択しない場合

  • 固定資産税は5年かけて宅地並み課税
  • 相続税の納税猶予不可
  • 生産緑地には戻れない
  • 買取申出はいつでも可能

 

生産緑地の延長、8割が申請 首都圏自治体が後押し
大都市圏の「生産緑地」に対する税優遇措置を10年延長する国の特別制度について、首都圏1都3県で多くの生産緑地を抱える自治体では、2022年に優遇措置の期限が切れる面積の8割近くの所有者が延長を申請していることが分かった。自治体は環境維持や防災のため生産緑地の維持を目指しており、延長申請を後押ししている。生産緑地の指定を...

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました