物流施設の開発行為に伴い設置が義務付けられた調整池の評価


週刊税務通信 令和2年8月24日 №3618

物流施設や商業施設の開発にあたり、都道府県から洪水防止のため調整池の設置を義務付けられることが多いところですが、義務づけられているからといって、「建物の敷地及びその維持もしくは効用を果たすために必要な土地」であると評価することはできない、と最高裁。

したがって、調整池の地目は宅地ではなく池沼と判定するのが相当。

ではどのように評価するのか。

宅地比準方式で評価。

この場合、造成費相当額を控除して評価。

さらに。

条例等により宅地の転用等が制限されている場合は、利用価値の著しく低下している宅地の評価に準じて評価も検討。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました