改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた(国税庁HP)


納期の特例の場合。

年度欄は「31」

納期等の区分は 自「3101」 至「0106」

絶対間違える人続出ですね。

が、しかし。

なお、上記設例は、原則的な記載方法を示したものであり、「年度欄」、「支払年月日欄」及び「納期等の区分欄」に記載いただく「年」については、新元号表記「01」を平成表記「31」と記載してご提出いただいても、有効なものとして取り扱うこととしています。

新元号だろうが平成だろうが受け付けてくれると。記載の不備があったとしても納税の事実は変わらないですからね。税務署的な現実的な対応でしょう。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/pdf/001.pdf

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました