年金加入義務強化でパート専業主婦に新たに「82万円の壁」出現か(マネーポストWEB)


パート勤務の専業主婦には「106万円の壁」があり、従業員501人以上の企業で週20時間以上勤務、月収8万8000円(年収約106万円)を超えると原則、夫の扶養(第3号被保険者)から外れ、社会保険に加入することになる。その収入条件を「月収6万8000円」に引き下げることが検討されている。これを年収に換算すると「82万円の壁」が出現することになる。

自営業者の配偶者が無職だと国民年金に加入する必要があります。保険料を負担しないで年金を受け取ることができる第3号被保険者には合理性が皆無ですので、そもそもの大前提からおかしい。そこから議論してほしい。

年金加入義務強化でパート専業主婦に新たに「82万円の壁」出現か | マネーポストWEB
 厚生労働省は5年ごとに年金の「財政検証」を行なう。100年先までの保険料収入と給付の見通しを試算、制度を点検し、新たな改革を追加することを目的とする。今年の財政検証では、パートやアルバイトの年金加入義務の強化も検討される。 パート勤務の専...

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました