家裁が扱う調停や裁判、初の100万件超えを発表 16年


家裁が扱う調停や裁判、初の100万件超えを発表 16年

離婚や相続といった親族間の問題が調停や審判として家庭裁判所に持ち込まれる「家事事件」の件数が2016年に初めて100万件を超えたことが10日、最高裁のまとめで分かった。
一方、刑事事件は減る傾向にあり、16年に全国の裁判所が受理した事件は被告の人数ベースで延べ99万7159件。初めて家事事件を下回った。

街にあふれた仕事のない弁護士が事件を生み出している構造に見えます。それがゆえに、刑事事件はカネにならないから減少傾向に。「自由と正義」ってなんでしょうか。

日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:自由と正義

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました