配偶者控除の廃止見送り 政府・与党方針 年収制限緩和を検討


配偶者控除の廃止見送り 政府・与党方針 年収制限緩和が焦点

今後の焦点は103万円以下という年収基準の見直しに移りそうだ。政府・与党は年収150万円以下に引き上げる案を軸に上積みを検討する。170万円とすべきだとの意見もある。年収103万円以下に就労時間を抑えていた主婦がより長く働けるようになる効果を見込む。

150万円に引き上げたとしても、社会保険における130万円の壁を超えてしまい、社会保険の扶養から外れてしまうのでありました。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました