自筆証書遺言の改正 謄本等のコピーの署名は枚葉に


相続法の改正と関与先・税理士業務に与える影響 

弁護士 江口正夫先生

TKC積水部会発進会前の研修にて。

一点再確認できたところで。

自筆証書遺言について、全文自筆が要件だったところ、財産目録については自筆でなくてもよくなったところですが。

例えばパソコンで目録作成、通帳や登記簿謄本のコピーを添付でOKと。

ただし、改正民法第968条によると。

「(前略)この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自筆によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない。」

となっています。

謄本のコピーを添付する場合、1筆の土地であっても共有名義で多数の名義が入っていることで10枚以上になる謄本もあります。田舎の共同墓地とか。これはその枚数全てに署名押印する必要があるので、手間がかかります。

ケースバイケースで謄本コピーではなく、財産目録を専門家の方で作成してあげる必要は出てきそうです。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました