コロナで中止の訪問税務調査、国税が10月から再開(日本経済新聞)


全国の税務署や国税局が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月から中止していた新規の訪問税務調査を再開させることが、関係者への取材で分かった。国税側は連休明けの23日から納税者に電話で調査を受けてもらえるかどうか確認し、10月から再開する見通し。

本日23日から事前通知を開始ということで。

相続税の税務調査は指摘事項が予測されていたり、あたりをつけてくるので、半日で終わりにしてしまうようにすれば件数をこなせるのでは。もちろん相続人である納税者の了解がないと難しいけれど、早く終わりにしないで1年後とか延期していると延滞税が嵩む可能性もあるし。

名義預金とか、相続人側で把握していない金融資産を既に当局側で把握しているのであれば税務調査の開始早々してきしてくれればすぐに終わる。

法人の税務調査は、中小企業であれば、個室を用意して、そこで調査官2人とかで終日資料読んだりしてもらえばいいと思いますが。最初と最後だけ社長が対応すればいいでしょう。詳細は後日、税理士と詰めればいいでしょう。

コロナで中止の訪問税務調査、国税が10月から再開
全国の税務署や国税局が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月から中止していた新規の訪問税務調査を再開させることが、関係者への取材で分かった。国税側は連休明けの23日から納税者に電話で調査を受け

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました