休業者に賃金の8割直接給付 厚労省方針、支援迅速に(日本経済新聞)


厚生労働省は13日、休業者に月額賃金の8割程度を直接給付する方針を固めた。上限額は月33万円程度で調整する。雇用調整助成金を申請していない中小企業の従業員を対象とする。企業が申請する手続きの煩雑な雇用調整助成金を通してよりも、休業者を迅速に支援できるようにする。

まとめると。

  申請・受取の主体 従業員の受取額 上限額 申請から支給までの期間
雇用調整助成金 企業 平均賃金の6~10割 約33万円/月 2週間~2ヶ月
新制度 従業員 平均賃金の8割程度で調整 同上 1週間程度の可能性

これから申請するようなところは、新制度を利用した方が有利なのは明白です。

手続もかなり簡略化されるようですし。

既に給料を支払ってしまっている場合、新制度は使えないのだろうか。

そして、税理士的には、新制度による給付金については、所得税と社会保険料はどうなるのかが気になります。

休業者に賃金の8割直接給付 厚労省方針、支援迅速に
厚生労働省は13日、休業者に月額賃金の8割程度を直接給付する方針を固めた。上限額は月33万円程度で調整する。雇用調整助成金を申請していない中小企業の従業員を対象とする。企業が申請する手続きの煩雑な雇

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました