金融庁 森長官、続投へ 「改革路線」加速


金融庁:森長官、続投へ 「改革路線」加速 – 毎日新聞

政府は、金融庁の森信親長官(60)を続投させる最終調整に入った。早ければ月内にも正式に決める。森長官は2015年の就任以来、「金融行政改革」を掲げ、金融機関の統治改革や、営業姿勢の転換を促す政策を進めており、続投で改革路線を加速させる。

事業性評価、フィデューシャリー・デューティーと来て、任期中に『捨てられる銀行3』で何を目指すのか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました