【正論・戦後73年に思う】「何もしなかった」平成の日本 作家・堺屋太一 (SankeiBiz)

Pocket

【正論・戦後73年に思う】「何もしなかった」平成の日本 作家・堺屋太一

相続税強化で富豪が消えた≫

 アメリカのトランプ大統領は税制を改革、相続税の引き下げを公表した。日本ではむしろ相続税の課税強化に走っている。どちらが正しいか、どちらがいいかの問題ではない。世の中の仕組みと発想の問題である。

 私は子供がいないので遠慮なくいえるのだが、世の中の進歩と安定のためには、有産階級が必要であり、「社会の重し」としても大事である。

 現在、国連加盟193カ国のうち、相続税のあるのは少数にすぎない。日本ほど厳しい相続税を取り立てる国は珍しく、最近は相続税逃れのため諸外国に移住する成り金層も増えている。

 フランスでは、現在の富豪上位200軒のうち、半分がナポレオン3世の頃から続く家系というが、日本では明治からの富豪など全くいない。いや、昭和の富豪さえ平成の30年間でほとんど消えてしまった。

 日本で継承されるのはむしろ人脈、えたいの知れぬ人間関係で、息子や娘に権力や人気を引き継がせる方法である。
 かつてイギリスの首相を長期間務めたマーガレット・サッチャー氏はいった。

 「金持ちを貧乏にしても、貧乏な人が豊かになるわけではありません。それにもかかわらず金持ちを貧乏にしたがる人がいるのは嫉妬です。嫉妬は人類最大の劣情です。劣情に基づく政治は悪い政治です。私たちは嫉妬の政治から逃れねばなりません」

 この言や良し。

 日本も嫉妬の政治から逃れ、真の豊かさと楽しさを追求すべき時代である。平成の次の時代には、それを望みたい。

嫉妬は人類最大の劣情とまで言い切ります。ただ、有産階級を「社会の重し」とかぼんやりした言葉で持ち上げるのはどうかなぁと。言いたいことはわかりますが。確かに何もしなかった平成が終わる。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket