三井物産や三井商事が大赤字 チャイナショックで大手商社が暗転


三井物産や三井商事が大赤字 チャイナショックで大手商社が暗転 – ライブドアニュース

三井も三菱も財閥解体後の創業以来初の赤字決算ですか。住友も最終利益予測を2,300億円から1,000億円に引き下げと。記事にはないですが丸紅もなかなかに厳しい状況の模様。

 意気軒高なのが伊藤忠商事だ。最終利益は3300億円と最高益を更新する見込みで、資源投資から距離を置いた戦略が奏功した。岡藤正広社長は今年1月、今期の最終利益が総合商社大手で首位となった場合、全社員に臨時ボーナスを支払う方針を明らかにしており、社員への大盤振る舞いはほぼ確実だ。

これはうれしいでしょうね。牙城を崩したんですから。歴史的快挙かと。伊藤忠の経営陣は祝杯でしょう。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました