給与所得者の保険料控除申告書には要マイナンバー記載


以前のエントリーにて扶養控除等申告書には「提出済の個人番号と相違なし」の旨の記載があれば、同申告書は特定個人情報に該当しないこととなる、とご案内しておりました。

Q1-9 扶養控除等申告書の個人番号欄に「給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨の記載をすることで、個人番号の記載に代えることはできますか。

 

これは10月2日付の省令改正により明らかとなった事項です。

一方、年末調整時に会社に提出する同じような書類があります。「給与所得者の保険料控除申告書」です。

こいつについては、実は、上記省令改正の対象となっていないようです。

つまり、扶養控除等申告書には上記によりマイナンバーを記載しない取扱いが許容される一方で、保険料控除申告書にはマイナンバーの記載が必要だそうです。

片手落ちの取扱いと言わざるを得ませんね。

さすがにこれは近い将来、同様の取扱いとなるんじゃないでしょうか。意味ないですもんね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました