平成27年国勢調査 インターネット回答が便利 選挙は?


国勢調査2015

今年は5年に一度の国勢調査の年でしたね。郵送されてくるまで全然覚えておりませんでした。CMとかしてました?気付きませんでした。

国勢調査2015

これは紙面で回答するのはなかなか骨が折れますね。パソコンorスマートフォンからのインターネット回答が便利。というかネットで回答する以外選択肢はないでしょう。

5分で終わりました。

マイナンバー導入によりさらに利便性向上できるのでは?

やってみた方は皮膚感覚でわかると思うのですが、マイナンバーの導入に伴い、さらにこのような調査は時間的にも費用的にもコストの削減が進むでしょう。

で、思うのが、選挙ですよね。

選挙においてマイナンバーを活用する場合、やはりここでも本人確認がネックになることは間違いないのですが、できないことを理由にしてはいけません。どうやれば本人確認が可能となるのか。指紋認証、虹彩認証の是非など検討できると思いますね。

とにかく、立会人等、昭和25年にできた公職選挙法に規定されている前近代的な制度に伴うコストはどうにかして欲しい、と常々思っている以上に今回の国勢調査におけるインターネット回答で感じた次第。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました