40代からマラソンのタイムを上げるには?ランニングと年齢をめぐる最新科学(WIRED)


とても参考になります。

フィットネス×ランニングエコノミー÷質量=スピード

自分のどこが弱いか可視化してトレーニングできる。自転車も一緒ですね。

ランナーのスピードが落ちる最大の原因は体ではなく、生活だ。結婚して子どもが生まれ、労働時間が増え、親が病気になったりする。つまり、もっと大切なことに時間をとられるようになる。ランニングはたゆまぬ努力を続けた人が報われるスポーツで、いったん離れると復帰するのが難しい。体力が衰えるとランニングが楽しくなくなり、衰えがさらに加速する。歳をとればスピードが落ちるが、スピードが落ち始めたときに歳をとりはじめるというのもまた真実だ。

その生活の中でどうやってトレーニング時間をねん出するか。朝なのか。お昼休みなのか。夜なのか。それが大事。

40代からマラソンのタイムを上げるには?──ランニングと年齢をめぐる最新科学 | WIRED.jp
『WIRED』US版編集長のニック・トンプソンはランナーでもあり、2時間43分というマラソンタイムはなかなかの記録だ。だが40歳を超えてタイムは下降線をたどる。「中年」という領域に足を踏み入れたランナーなら、誰もが経験することだ。人間が「走るために生まれた」のなら、それは年齢の壁さえ越えられるのだろうか? 最新の科学と...

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました