埼玉りそな銀川越支店、100年の営業に幕 来夏移転へ(日本経済新聞)


埼玉りそな銀行は埼玉県川越市の中心街で営業中の川越支店を2020年夏に移転させる方針を決めた。築100年超の建物の老朽化で営業継続に多額の補修費用がかかるのが主な理由で、JR川越駅前の利便性が高い場所に移る。建物は国登録有形文化財に指定され、観光スポットとしても人気が高い。同行は建物を保全し、地域振興に役立つ活用法を検討する。

老朽化と利便性を考慮したら仕方のないことなのかもしれませんね。保全し地域振興に活用するということですから期待したいところです。

埼玉りそな銀川越支店、100年の営業に幕 来夏移転へ
埼玉りそな銀行は埼玉県川越市の中心街で営業中の川越支店を2020年夏に移転させる方針を決めた。築100年超の建物の老朽化で営業継続に多額の補修費用がかかるのが主な理由で、JR川越駅前の利便性が高い場

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました