東芝、17年3月期の最終赤字1兆円超 債務超過6200億円 国内製造業で過去最大


東芝、今期最終赤字1兆円超 債務超過6200億円

 経営再建中の東芝は29日、傘下の米原子力大手ウエスチングハウス(WH)など2社が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨーク州の連邦破産裁判所に申請したと発表した。

ウエスチングハウスの破産法の適用申請について記者会見する東芝の綱川社長(29日午後、東京都港区)

 2社の負債総額は計98億ドル(約1兆900億円)。これに伴い、東芝の2017年3月期の連結最終損益が最大で1兆100億円の赤字(従来予想は3900億円の赤字)となる可能性も発表した。赤字額は09年3月期に日立製作所が記録した7873億円を上回り、国内製造業としては過去最大となる見通しだ。

 これによって東芝の債務超過額は17年3月末で6200億円となる可能性も明らかにした。これまでの債務超過額見通しは1500億円としていた。

最終損益予想

従来:3,900億円 ⇒ 今回:1兆900億円

債務超額見通し

従来:1,500億円 ⇒ 今回:6,200億円

金額がデカすぎて想像ができませんが…

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました