相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

featured

NO IMAGE tax memo

文書回答事例 追加

容積率の異なる地域にまたがる一団の土地の上に2棟の中高層耐火共同住宅が建築される場合における租税特別措置法第37条の5の規定による買換えの特例の適用について頻出項目ではありませんが、確認だけはしておきましょう。ここ数年は私の顧問先等において...
NO IMAGE tax memo

固定資産税等を巡り原告勝訴 区分建物に複数の補正率認めず

週刊税務通信 平成28年3月28日 №3402より札幌地方裁判所は,一部が事務所用のマンションの固定資産税評価額の算定上,住居部分と事務所部分に異なる経年減点補正率を使うことの是非などが争われた事件で,一棟の建物全体に対し単一の経年減点補正...
NO IMAGE tax memo

タックスヘイブンで巨額取引横行 プーチン氏周辺2200億円

タックスヘイブンで巨額取引横行 プーチン氏周辺2200億円 ロシアのプーチン大統領周辺の人物らがタックスヘイブン(租税回避地)の企業を使って巨額融資を受けるなど、総額約二十億ドル(約二千二百億円)の金融取引をしていたことが三日、共同通信も参...
everyday

確定申告後の初ゴルフ&嵐山さくらまつりと花火

確定申告後、初のゴルフでした@大宮カントリークラブえぇ。いつまでたっても上手くなりませんねぇ。桜はところどころで綺麗でしたけど。終わって帰宅して嵐山さくらまつり。桜は満開。関根盛敏税理士事務所と税理士法人春日会計事務所と共同で協賛しましたよ...
NO IMAGE tax memo

改正特許法 職務発明の「特許を受ける権利」法人帰属もOK

週刊税務通信 平成28年3月28日 №3402より「職務発明」とは,会社に勤める従業者等が会社の仕事として研究・開発した結果完成した発明のこと。現行の特許法では,職務発明に係る「特許を受ける権利」は原始的に従業者等に帰属することとされ,法人...
NO IMAGE tax memo

添付書類のイメージデータによる提出の受付を開始しました。(平成28年4月1日)

添付書類のイメージデータによる提出の受付を開始しました。|e-Tax e-Taxで申告、申請・届出等を行う場合、別途郵送等で書面により提出する必要がある添付書類について、書面による提出に代えて、イメージデータ(PDF形式)により提出すること...
NO IMAGE tax memo

納骨費用 債務控除できるか?

納骨費用を相続税の計算上、債務控除できるのか?というご質問を頂戴しました。結論はできるわけですが。ちょっと自分でも調べてみるような意識の高い相談者様でして、できないんじゃないか?と疑問を持たれたようです。というのもネット検索して相続税法基本...
NO IMAGE tax memo

雇用保険料率、4月から0.8%に下げ 改正雇用保険法が成立

雇用保険料率、4月から0.8%に下げ 改正雇用保険法が成立4月1日から適用開始でギリギリ29日成立でしたか。労働者負担として給与から天引きされるのは0.5%⇒0.4%です。4月の給与計算から変更となりますので給与ソフトの設定等お忘れなく。(...
NO IMAGE tax memo

『贈与税の配偶者控除を検証する』 税務研究会 笹岡先生 その3

(続き)1筆の宅地上に贈与者夫婦の居住する家屋と、生計を一にする親族の居住する家屋とがある場合における、当該宅地の共有持分の贈与に対する取扱いこれは以前同様のご相談を受けたことがあります。ご当地東松山などの地方ではよくあるケース。1筆の土地...
NO IMAGE tax memo

『贈与税の配偶者控除を検証する』 税務研究会 笹岡先生 その2

(続き)居住用不動産の範囲(土地等のみを取得した場合)相基通21の6-1(居住用財産の範囲) (2)受贈配偶者がその者の専ら居住の用に供する家屋の存する土地等のみを取得した場合で、当該家屋の所有者が当該受贈配偶者の配偶者又は当該受贈配偶者...