老後破綻「切り札」に壁 リバースモーゲージ拡大に銀行慎重(日本経済新聞)

老後破綻「切り札」に壁

自宅を担保に老後資金を借り入れ、そのまま住み続けるリバースモーゲージ。長寿社会で老後破綻を回避する切り札とされるのに市場が広がらない。約60のメガバンクや地銀などが扱うが、融資残高は1000億円強にとどまる。普及が進まない背景には2つの理由がある。

10年ほど前には住宅ローン界隈では結構騒がれていたのですけれど。結局全然普及していない。

  • 担保割れのリスク
  • 中古住宅の流通不全

不動産の価値が下がらない、結果、中古住宅の流通市場が活性化している、っていうアメリカなら普及するけれど、日本では…

市場を活性化させないと制度として導入しただけでは普及しないと。タワマンとかならまた別なんでしょうけれど、そういう人はそもそもリバースモーゲージを利用しない。

ワイロを受け取る瞬間の衝撃写真 裏千家の“大番頭”のその後(文春オンライン)

ワイロを受け取る瞬間の衝撃写真 裏千家の”大番頭”のその後 | 文春オンライン

所轄税務署の調査官の皆さーん。そろそろ出番ですよー

掘れば掘るほど増差が出てきそう。まぁ、コレは大目に見ますから、コレとコレは期限後申告でお願いします、とか。

銀行、値上げで賭け ATM引き出し・窓口の両替手数料 増収よりネット誘導(日本経済新聞)

銀行、値上げで賭け

銀行がじわりと値上げに動いている。ATMや両替の手数料など、気が付けばあちこちで値上げや有料化が目立ち始めた。ただ銀行側の狙いは収入の拡大よりむしろ、維持費がかさむリアルのサービスから、低コストのネットへと顧客を誘導することにある。値付け戦略をテコに、ビジネスモデルを変化させられるかが腕の見せどころだ。

融資業務が手詰まりな状況では、手数料で稼ぐ道しかないってのは必然です。通帳を有料にしたり、両替手数料を有料化したり、ローンの繰り上げ返済手数料を値上げしたり。維持費というか人件費というか、高齢者相手のリアル対面業務からネットへ誘導する段階ではそれで稼げるとは思いますが、20年後を見据える対処療法にしか見えません。厳しい状況は続きます。