持続化給付金200万円(100万円)は売上ではなく粗利


持続化給付金が入金されました、というご報告が顧問先より届き始めています。

法人なら200万円、個人事業主だと100万円の入金です。

申請から2週間くらいで入金されるようですね。

売上ゼロの代わりに200万円が入金されたので助かる。

という社長は多いのですが、実際は売上というよりも粗利(売上総利益)が200万円or100万円というイメージです。

例えば、粗利率70%の飲食店であれば、200万円の売上に対して粗利は140万円となります。

が、持続化給付金は200万円が入金されるわけで、そこに仕入などの原価はありません。

つまり、粗利200万円ということになり、売上換算すると200万円÷70%≒285万円となります。

そう考えるとかなり割の良い給付金ということになりますよね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました