相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

現行の民泊で固定資産税が4倍になることも


週刊税務通信 平成28年9月12日 №3424より

要するに、民泊の場合、「人が宿泊・滞在するものだが、居住の用に供するものではない」という解釈により、住宅用地の減額特例である固定資産税の課税標準1/6が使えなくなる可能性があるということで。

既に調査に着手している自治体もあると。

で、これ、固定資産税だけなんですかね。

住宅ローン控除だって居住用家屋に適用されるものですから、民泊として「居住の用に供するものではない」という解釈の下では、適用不可になりそうなものですが。

住宅ローン控除もダメだとすると所得税も上がるわけで。

日々変わる社会に、税法が追いついていけない。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi