元ボート選手に実刑判決 名古屋地裁「競走の公正侵害」(日本経済新聞)

Pocket

ボートレースで順位を操作し、見返りに現金計3725万円を受け取ったとして、モーターボート競走法違反罪に問われた愛知県一宮市の元レーサー、西川昌希被告(30)に名古屋地裁は21日、「競走の公正と社会の信頼を著しく侵害した」として懲役3年、追徴金3725万円(求刑懲役4年、追徴金3725万円)の判決を言い渡した。

これはアウトですね。漫画『モンキーターン』でも公営ギャンブルのそのあたりの管理の厳しさは描かれていますが。実刑なんですね。

現金を渡したとして同法違反罪と、レースで得た利益などを隠し約3500万円を脱税したとして所得税法違反の罪に問われた、西川被告の親族で津市の会社員、増川遵被告(53)には懲役3年、執行猶予5年、罰金1100万円(求刑懲役3年、罰金1100万円)を言い渡した。

こちらは脱税もありながら、執行猶予付。

不正収入分を申告し税額を納めたとして執行猶予を付けた。

それで執行猶予になるんですね。

元ボート選手に実刑判決 名古屋地裁「競走の公正侵害」
ボートレースで順位を操作し、見返りに現金計3725万円を受け取ったとして、モーターボート競走法違反罪に問われた愛知県一宮市の元レーサー、西川昌希被告(30)に名古屋地裁は21日、「競走の公正と社会の

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました