住宅資金贈与の非課税、2年延長 枠は1000万円に縮小(日本経済新聞)

Pocket

政府・与党は子や孫への住宅資金の贈与にかかる贈与税を一部非課税にする措置を2年間延ばす方針だ。年末が契約の期限だった。2022年1月以降は非課税になる枠を最大1000万円に縮小する。

結局、延長するんですか。そうすると、相続税と贈与税の一体化もこれに合わせて見送りの可能性があるのでは。資産移転の時期に中立な税制を構築するにあたり、この非課税枠の措置は障害でしかないですし。

住宅資金贈与の非課税、2年延長 枠は1000万円に縮小
政府・与党は子や孫への住宅資金の贈与にかかる贈与税を一部非課税にする措置を2年間延ばす方針だ。年末が契約の期限だった。2022年1月以降は非課税になる枠を最大1000万円に縮小する。現状は省エネ性能の高い住宅には最大1500万円の非課税枠を設けていた。近くまとめ

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました