AIと雇用(上) 成長の恩恵 幅広く共有を(日本経済新聞)


AI・ロボット等による代替可能性確率が高い主な職種として、税理士が92.5%として登場していますが。

これアメリカのデータですし、アメリカには税理士制度ないので、おそらく公認会計士のことかなとは思います。

会計士、税理士のいずれにせよ、原始証憑整理のような仕事はなくなるのでしょうね。それは覚悟の上でこの業界でサバイブしていく必要があります。

AIと雇用 成長の恩恵、幅広く共有を(経済教室)
アベノミクスが経済成長に持続的に寄与できるかどうかは、2つの課題への取り組み次第だ。一つは人工知能(AI)とロボットを活用して生産性を向上させること、もう一つは欧米が近年経験した経済的・政治的な二極化を防ぐことだ。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました