2019-07

tax memo

遺留分侵害額請求 事業承継税制の打切りリスクも

週刊税務通信 令和元年7月29日 №3566 より 遺留分減殺請求から遺留分侵害額請求に改正されたことに伴い、事業承継税制についてリスクがある、と。 従前の遺留分減殺請求において、事業承継税制の納税猶予を受けている非上場株式をその請求者...
tax memo

農家と直売所 10月から委託販売手数料に係る消費税の処理が変更

週刊税務通信 令和元年7月29日 №3566 より 農家が農産物を販売するとき、2つの販売方法があります。 直売所や道の駅 スーパー等 この2つで販売方法が異なります。 直売所や道の駅 → 委託販売 スーパー...
tax memo

東京弁護士会が調査命令 司法書士法人から「事件」紹介、法律事務所に 書士会「違反に当たらず」(産経新聞)

司法書士法人から過払い金返還請求事件の依頼者を紹介された見返りに1件当たり19万8000円を支払ったとして、東京弁護士会(東弁)が会内の綱紀委員会に「弁護士法人ベリーベスト法律事務所」の調査を命じていたことが30日、分かった。綱紀委は弁...
tax memo

源泉免除制度 PE帰属の国内源泉所得の範囲を巡りトラブル

週刊税務通信 令和元年7月29日 №3566 より 平成26年度改正で見直しが行われた源泉徴収免除制度の対象となる国内源泉所得の範囲を巡りトラブルが生じているという。 源泉徴収免除制度とは、恒久的施設(PE)を有する外国法人が税務署長か...
tax memo

海外に資産7300万円 報告書提出せず 初の刑事告発 大阪国税局(NHK)

海外に5000万円を超える資産を持つ人に提出義務がある報告書を意図的に出さなかったとして、大阪国税局は京都市の会社社長を刑事告発しました。富裕層などによる海外での資産隠しを防ごうと5年前に報告制度が導入されてから、国税当局が告発に踏み切...
tax memo

1人に54契約 「ゆるキャラ」高齢者に群がる郵便局員(朝日新聞)

「ゆるキャラ」「半ぼけ」「甘い客」――。郵便局によって違うが、契約を結びやすい一人暮らしの高齢者に対し、こんな呼び方をする局員が一部いる。かんぽの新規契約者のほぼ半数は60代以上。高齢者を中心に、郵便局ブランドは絶大な信頼感がある。局員...
running

2019.07.27 朝練 ランニング4.5キロ

ランニング4.5キロ with 長男坊 まだ体が真夏対応になっていないようで、2キロほどで倒れそうになるも、後半は戻して最後はダッシュで走り切った長男坊。 8月の目標として。 自転車100キロ/日 ランニング10キロ/日 できるよ...
running

2019.07.26 朝練 ランニング6キロ

暑い。 ようやく夏が来た感じでとても良い。夏は暑く。冬は寒く。 これまた1ヶ月以上ぶりにランニングしたものですから足はともかく心肺がついていかない。地道に戻していくしかないのだけれど。
tax memo

ひずむ郵政(1)の1 認知症女性、保険料月25万円(西日本新聞)

女性の収入は年金など月約13万円。保険によって死亡や入院時の保障が受けられるとはいえ、月額保険料は支払い能力を大幅に超える25万円以上に上っていた。  「分からない。郵便局の人に任せているから」と女性。通帳を確認すると、1年間で支払っ...
tax memo

税理士職業賠償責任保険の事故例

税理士界 第1377号 2019年6月15日 減価償却の計算において耐用年数の適用誤りにより過大納付となった事案 鉄骨造(耐用年数34年)のところ鉄筋造(耐用年数47年)と誤認したまま減価償却費を算出していたところ、税理士チェンジ後に更...