遺留分侵害額請求 小規模宅地等の特例の選択替えにも影響


週刊税務通信 令和2年3月30日 №3599

小規模宅地等の特例は、対象宅地の選択替えは基本的には認められていないところですが。

とはいえ、遺留分減殺請求により、相続人が取得する財産に変動が生じたことで、特例の適用を受ける宅地を変更する更正の請求は認められていた。

遺留分減殺に伴う修正申告及び更正の請求における小規模宅地等の選択替えの可否(令和元年7月1日前に開始した相続)

これが遺留分侵害額請求となると取扱いに変更があるようで。

遺留分侵害額請求においては、あくまで請求者と請求された者との間で金銭の債権債務の関係が生じるだけで、その金銭の支払いに代えて相続財産である宅地を請求者に移転すべき義務が生じるものではない。

したがって、選択替えは認められないことになる。

移転が資産の譲渡になり譲渡所得課税がされるわけで、所得税の話ですからね。相続に取り込まれない。

これはこれでおかしな取扱いだとは思いますが、仕方ないことです。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました