3.7億円着服の疑い、きらぼし銀・元行員が失踪(朝日新聞デジタル)

Pocket

3.7億円着服の疑い、きらぼし銀・元行員が失踪:朝日新聞デジタル

 きらぼし銀行は9日、男性行員(36)が顧客から預かった現金約3億7500万円を着服した疑いがあるとして、8日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。元行員は失踪しており、同行は警視庁に相談している。

 同行によると、男性行員は東京都練馬区の石神井支店で営業担当だった2016年5月から18年5月にかけ、「定期預金の作成」を名目に顧客の普通預金から現金を払い出して着服した疑いがある。顧客には偽造した定期預金証書を渡していた。被害は法人2社、個人4人で確認されている。 

 今月2日、顧客から定期預金を解約したいという連絡があり、発覚した。きらぼし銀行は「信頼回復に向けて全行を挙げて取り組んでいく」とのコメントを出した。

これはさながら映画『紙の月』と同じ展開。だとすれば、行員の失踪先はタイだ!

それにしても、きらぼし銀行?、って思いましたけど、八千代銀行が東京都民銀行、新銀行東京と合併して今年の5月1日に社名変更していたのですね。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket