「ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQ」が公表されています。


国税庁より「ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQ」が公表されています。

ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQ(源泉所得税関係)

ひとり親控除については既報のとおりですが。

寡婦(夫)控除から寡婦・ひとり親控除へ
T&Amaster №827 2020.03.16 既報のとおりですが。 こちらの方が整理しやすいので。 このイメージ図はわかりやすいですね。 寡婦控除は27万円(扶養なし) ひとり親控除は35万円 合...

適用要件はいいとして。

令和2年4月から12月までの月々の源泉徴収のために扶養控除等申告書を提出する必要はない(5)

改正前の寡婦(夫)、特別の寡婦に該当しない者が改正後のひとり親に該当する場合は、年末調整の際に(異動)申告書を提出する必要がある(6)

この場合、令和2年分の(異動)申告書に、ひとり親に該当する旨の記載方法を例示(8)

C欄において、年末調整の異動申告で、特別の寡婦欄を二重線で訂正して☑して上に「ひとり親」と記載。

特に9は要注意。

改正前に寡夫、特別の寡婦該当者が、改正後にひとり親に該当する場合、令和2年分の年末調整時にひとり親に該当する旨の申告は不要であるものの、35万円控除となることに注意。

間違って、寡夫控除として27万円を控除しないように。

これはミスが多そうです。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました