相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

featured

NO IMAGE tax memo

NISA 初年度組が終了間近 6年目の選択肢

納税通信 第3551号 2018年12月10日 2014年に開始したNISAですが、5年を経過して開始年に開設されたNISA口座は今年12月末で非課税期間が終了となります。 非課税期間終了のNISAは課税口座に移管されるか、新たに201...
NO IMAGE tax memo

相続税評価 公募投信は源泉徴収税額を控除できない?

週刊税務通信 平成30年12月3日 №3534 より 証券投資信託の受益証券の評価の算式は以下のとおり。 課税時期の1口当たりの基準価額×口数△課税時期に解約した場合の源泉徴収税額相当額△信託財産留保額及び解約手数料 ここで解...
NO IMAGE tax memo

経営承継円滑化法施行規則の改正ポイント その2

週刊税務通信 平成30年11月26日 №3533 より 第一種認定 黄金株発行会社の場合、後継者以外の者が黄金株を保有していないことが必要。 第二種認定 先代経営者からの贈与相続以後に、その先代経営者以外の株主が贈与相続が必要。...
NO IMAGE tax memo

富裕層の申告漏れ、過去最高の670億円 前年比5割増(朝日新聞)

全国の国税局が今年6月までの1年間に実施した個人の所得税の調査で、富裕層の申告漏れが過去最高の670億円(前年比51・9%増)に上ったことが国税庁のまとめでわかった。調査した5219件のうち4269件で申告漏れがあり、追徴税額は177億...
NO IMAGE tax memo

経営承継円滑化法施行規則の改正ポイント

週刊税務通信 平成30年11月26日 №3533 より 改正前の事業承継税制の課題 4つあると。 猶予金額の上限 株数は議決権総数の2/3、猶予割合80% 対象者 代表者だった先代経営者のみ 雇用維持 5年平均雇用者数8割を...
NO IMAGE tax memo

認知症から資産を守る方法

納税通信 第3549号 2018年12月3日 中小企業経営者が認知症にかかってしまった時のリスクは4つ。 契約行為 認知症を発症して意思能力がないと判断されると契約が無効になってしまう。 借入金 金融機関と社長との信頼関係で融資が...
NO IMAGE tax memo

仮想通貨 財産財務調書は対象、国外財産調書は対象外

週刊税のしるべ 平成30年11月26日 仮想通貨が財産債務調書の対象となるのは当然として。 国外財産調書の対象にはならない、と。 というのも、仮想通貨は財産を有する者の住所の所在により「国外にある」かどうかを判定する財産に該当する...
NO IMAGE tax memo

改正相続法 施行日が確定

週刊税務通信 平成30年11月26日 №3533 より 11月21日、民法改正法の施行日を定めた政令が公布。 配偶者居住権 2020年4月1日以後の相続贈与に適用 持戻し免除の意思表示の推定規定 2019年7月1日以後の相続贈...
NO IMAGE tax memo

配偶者控除等の見積額の異動 年調後は再年調or確定申告で対応

週刊税務通信 平成30年11月26日 №3533 より タイトルのとおりなのですが。何故一発で完了できない制度設計にしたのか。従業員も会社も税務署も手間がかかるじゃないか。 翌年1月の源泉徴収票作成時までに見積額の異動が判明した場合 ...
NO IMAGE tax memo

早朝出勤時に支給する朝食の課税関係

週刊税務通信 平成30年11月19日 №3532 より 残業の抑制等を目的に早朝出勤を奨励しているケースが増えているそうで。 なるほど伊藤忠とかでは実施しているようですね。 早朝出勤を奨励しているケース この場合、通常の勤務時間...