低未利用土地等の譲渡の100万円控除 確認書交付2060件

Pocket

税のしるべ 令和3年8月9日

国土交通省が7月29日、低未利用土地の利用活用促進に向けた長期譲渡所得の100万円控除制度の利用状況を公表しています。

国土交通省|報道資料|低未利用土地の利活用促進に向けた長期譲渡取得100万円控除制度の利用状況について
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道...

制度開始の令和2年7月から12月までに自治体が低未利用土地等の譲渡に対して確認書を交付した件数は2060件とのこと。

同制度は、都市計画区域内の一定の低未利用土地を500万円以下で譲渡した場合、100万円の特別控除を受けられるというもので、空き地の利用促進を図って地域の活性化を目的として創設されたものとなります。

特例の適用を受けるためには、自治体が発行する「低未利用土地等確認書」の添付をして確定申告書を提出する必要があり、この確認書の発行が12月までで2060件となっている、と。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました