元税務課長が納税資金を着服

Pocket

元税務課長が納税資金を着服|NHK 関西のニュース

大阪・河内長野市の幹部職員が、おととし、税務課長を務めていた際に、市民の女性から相続税の納税資金として預かったおよそ800万円を着服していたことがわかり、市は、この幹部職員を18日付けで懲戒免職の処分にしました。

税務署ではなく市役所に相続税の相談に行ってしまう。

ことほどさように税務は理解されていないし、周知が足りてないと感じます。

相続税の申告は、市の業務の範囲外ですが、女性とは所得税の確定申告などの際に相談を受けて知り合い、市役所の個室の相談室で、税務署に納付する納税資金として現金を受け取っていたということです。

確定申告の相談で信用を得ていたと。

退職金で着服した800万円を返済しようとしていたようですが、懲戒免職ですから、退職金の全部又は一部が支給されない可能性がありますね…

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket