特別目的会社を利用した消費税節税スキームを封じ込め

T&Amaster №621 2015.12.07より

自動販売機を使った消費税還付スキームに続き、今度は特別目的会社を利用した消費税節税スキームへの対処です。平成28年度税制改正で「高額資産を取得した場合における仕入税額控除制度の適用関係の見直し(案)」として改正予定。

続きを読む 特別目的会社を利用した消費税節税スキームを封じ込め

平成28年度与党税制改正大綱について(会長コメント)

平成28年度与党税制改正大綱について(会長コメント)

なお、消費税の複数税率(軽減税率)制度については、平成29年4月から導入されるとともに、その4年後にインボイス制度が導入されることとなりました。本会では、複数税率について、対象品目の公平な選定が困難であること、区分経理等により事業者の事務負担が増加すること、低所得者対策として非効率であること、財政再建が損なわれ社会保障給付の抑制が必要となることなどの観点から、単一税率制度の維持を強く主張してきました。しかしながら、今回の大綱では、これとは異なる結論が示されたことに深く遺憾の意を表するものであります。

続きを読む 平成28年度与党税制改正大綱について(会長コメント)

大地主の相続税調査でも不動産はスルー 狙いは名義預金等

仕掛中の税務調査も年内終結に向かって調整も終わっている頃でしょうか。当事務所でもほとんどの税務調査については年内に是認及び修正申告で話し合いがついています。数件は年越しの見込みでしょうか。

続きを読む 大地主の相続税調査でも不動産はスルー 狙いは名義預金等

SEKINEのメモリ(記憶)装置としてのデータログです。