日弁連 養育費1.5倍に 「低すぎる」批判受け新算定表


日弁連:養育費1.5倍に 「低すぎる」批判受け新算定表 – 毎日新聞

夫婦が離婚する際に取り決める子供の養育費について、日本弁護士連合会が新たな算定方式と算定表を発表した。現在、一般的に使われている算定表は「金額が低すぎる」と批判されており、新算定表を利用すれば養育費が約1.5倍に上がることになる。

たとえば、15歳の子供と同居する年収175万円の母親に、年収400万円の父親が養育費を支払う場合、現在は月4万円のところ、新方式では月7万円に上がる。

問題の根本は、金額の多寡もさることながら、そもそも養育費が決められた通りに支払われない、ということだと思うのですが。

仕事柄、離婚で弁護士を紹介してほしいって話が年に数回ありますが、養育費はあてにしない方がいい、と私からはアドバイスしております。支払ってくれたらラッキーくらいの感覚で。

おかしな制度です。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました