介護保険料の負担増 来年8月実施を検討 大企業社員ら


介護保険料の負担増 来年8月実施を検討 大企業社員ら(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

40~64歳の現役世代が支払う介護保険料の見直しについて、政府は2017年8月分から段階的に実施する検討に入った。大企業に勤める会社員らの保険料は徐々に上がり、最終的に19年4月分からは平均月700円以上の負担増となる。中小企業の会社員らは逆に月240円程度安くなる。

「保険」ってそういう性質のものでしたっけ。

大企業勤務の方が将来要介護になる確率が高いというのでしょうか。

理念なき財源問題の先送り。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました