カテゴリー別アーカイブ: outdoor

2018.01.01 元旦稽古~鬼鎮神社~お節料理~午後練&MTB

新年あけましておめでとうございます。

今年も世のため人のため、家族のため自分のため、仕事家事育児社会貢献していく所存であります。自分の頭と体のトレーニングも忘れずに。

で、元日早々に長男坊の稽古。

8時から1時間程度、結構みっちりと組手まで。

4月の全日本大会を目指してさっそく1月から強化稽古の開始です。また、ハードなトレーニングの日々が始まりますが、成長に期待したい。とにかく稽古の量が質に転嫁するまで追い込まないと強くならないですからね。

終わって鬼鎮神社に初詣。みんなで必勝祈願。

早朝から稽古でお腹ペコペコで帰宅して、お節料理をがっつり食べて、お屠蘇もしっかり飲む。

いただいた武甲正宗がむちゃくちゃ美味い酒でクイックイッと飲めてきりがない。気付いたらなくなっていましたよ。

酔い覚ましに近所の菅谷神社にもお参りに。

少々家事などしてから時間があったので初乗り。

松郷峠周回。

3月までの所謂業界の繁忙期は、自分にとっては会務がないので繁忙期に非ず。忙しいと感じるのは自分の裁量ではどうにもならない体が拘束される会務であって、税理士業務自体はどうってことはない。トレーニング時間が一年のうちで最も捻出できるのは実は年明けから3月までであって、この時期にどれだけ積み重ねられるかでその年のパフォーマンスがある程度決まってしまうというのが最近得た結論。

なので、この3ヶ月は毎月1,000キロ以上、できれば2,000キロは乗りこみたい。

戻って、長男坊とMTBのトレーニング。

長男坊の自転車も今年は力を入れていきたい。空手漬けの日々の間隙をぬって。

がんばろう。

税理士会埼玉県支部連合会 野球・ソフトボール大会@大宮けんぽグラウンド

今年もこの季節になりましたね。秋を感じます。

我が東松山支部はと言いますと。

1回戦、越谷支部と対戦。4-2で勝利。数十年ぶりの勝利らしく。当然私が東松山支部に入ってから初勝利。

2回戦、春日部支部。もう点を覚えてないくらいのボロ負けで敗退。

3回戦は辞退して東松山に戻り、反省会&懇親会。そうまから助六。19時頃には帰宅。始まりが13時くらいだと終わるのも早い。お疲れ様でした。

白州の森バイクロア3 参加してきました

バイクロアへの参加は秋ヶ瀬の森バイクロア6以来。前回楽しくて今回は白州の森バイクロア3にエントリ。

白州の森バイクロア3

ホントはオートキャンプ場に泊まりたかったのだけれど、さすがに次男坊が4ヵ月で手間かかるし、何よりふかふかベッドで寝たいのでホテルを予約する。

ってことで当日朝6時発。

圏央道八王子ジャンクションで若干の渋滞に巻き込まれつつも、順調に進んで8時半には白州尾白の森名水公園べるがに到着。

出発時埼玉はかなり本降りの雨だったにもかかわらず、快晴。

初日はレースはないのでイロイロ見て遊ぶ予定。猛暑となり、川で水遊びも堪能。

 

ビールこぼしたり我慢できずに飲んだら負けっていうレースもあったり。

途中、抜けて外をロードでサイクリングなどしつつ。

18時頃には撤収。

マジョラムというホテル近くのイタリアンで夕飯。ホテルで食べればよかったと後悔。っていうのも「ホテル風か」が予想を裏切って良いホテルだったから。

【公式】八ヶ岳ホテル風か|1000Mの おもてなし

リサーチ不足が悔やまれる。

日中はビール一杯だけで我慢していたので、べるが近くのワイナリーシャルマンワインで購入したワインを抜栓。美味い。お土産に大量購入。


二日目。

朝食もgood。気に入った。夜はお酒も飲み放題だし、お風呂出たところのアイスキャンディも食べ放題だし。

10時チェックアウト。

11時15分から長男坊レース。ジュニアクラス。

惜しくも4位で表彰台ならず。

なのに、商品だけはゲットする強運。

15時45分からはオウル&アラカルトクラス。つまり仮装。

これも表彰台は逃すものの、商品はゲットする強運。親子で。

撤収して17時過ぎ。

べるが隣の尾白の湯で汗と泥を流して、そこで夕飯も食べてから帰途につく。

19時20分頃発。

大月~八王子間で17キロ渋滞。

結果、22時過ぎに無事帰宅。

戦利品リスト。すごい。narifuriのショートパンツとかすごく嬉しい。

バイクロア、秋ヶ瀬も楽しみです。

※写真問題ありましたら削除しますのでご連絡ください。

2017.01.11 夜練 ローラー72分/ファイントラックアクティブスキンが感動するレベルで凄い

20分走、持たず。15分で切り上げる。心肺がついて行かず。

ローラー72分

  • 15分 ウォーミングアップ
  • 15分 15分走(49.7キロ/時)
  • 5分 クールダウン
  • 5分 レスト
  • 5分 アップ(ブラケット)
  • 5分 アップ(ドロップ)
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×12
  • 5分 クールダウン(ブラケット)
  • 5分 クールダウン(ドロップ)
  • 5分 クールダウン(ドロップ)

それはともかく。

今、まさに着用してこれを書いているのだが。

ファイントラック アクティブスキン

 

これを一番下、肌に接する部分に着用。

この上に、モンベル ジオライン

で、さらにこの上に、ファイントラック ドラウトフォース

全然寒くない!!!!!!!!!!!!!!

これはホントにオススメ。ファイントラック凄い。感動する。

2016.10.31 夜練 15分走/日・独オオカミフォーラム埼玉

夕方から少しでも乗っておきたくてローラー30分。朝が全然起きられない。11月からはがんばって朝練に戻さないと。

  • 15分 ウォーミングアップ
  • 15分 15分走(50キロ/時維持)
  • 1分 クールダウン


オオカミ復活でシカ食害食い止め考える 31日鳩山で日独フォーラム

シカなどの食害を食い止めるために、日本では絶滅したオオカミの復活や活用を考える「日・独オオカミフォーラム埼玉」(日本オオカミ協会県支部主催)が、31日午後3時、鳩山町石坂の山村学園短大で開かれる。
 
 オオカミ保護の調査研究に取り組むドイツ自然・生物多様性保護連合政策責任者マーカス・バーテン氏が参加、自国での事例を紹介する。日本オオカミ協会副会長で同県支部長の岩堀弘明氏、同協会監事の藤井潔氏、駿河台大客員教授の岡部素明氏とオオカミの生態系、生物多様性の回復などを議論する。

参加してきました。岩堀さんは川越高校同窓会副会長ですし、藤井岡部両氏に至っては言わずもがな税理士会埼玉県連の重鎮でございます。特に最後、岡部さんからの質問3つは面白かったなぁ。

  1. オオカミに遭遇したときの対処
  2. 人間と山が近接している日本でのヒトとオオカミとの共存の可否
  3. 野犬との交配の可能性

三者ともに山と自然と密接に関わりがあるからこその危機感なのですね。

大変勉強になりました。

お誘いいただきありがとうございました!

img_4743

2016.09.22 夜練 20分走&インターバル/化石と自然の体験館

化石と自然の体験館に行ってきました。

ワタクシ、小学生の頃は毎週のように、ホント誇張なく毎週のように父親に連れられて葛袋まで化石取りに来ていました。今でもコレクションは保管してあります。

ちなみに、化石と自然の体験館でも紹介される長瀞の埼玉県立自然の博物館に展示されている世界最大のカルカロドン・メガロドンはワタクシの父親が発見したものであります。

当時、発見して、大興奮してしまいハンマーで自分の指を叩いて粉砕骨折した逸話は(我が家で)有名であります。

img_4225

img_4228

img_4229

化石と自然の体験館

埼玉県立自然の博物館

太古の巨大ザメ“カルカロドン メガロドン”

博物館に入ると、頭上に体長約12メートルの巨大なサメの模型が展示してあります。

 

 これは“カルカロドン メガロドン”というサメで、現生のホオジロザメの祖先ともいわれています。

最大体長は約13メートルに達したと推定される肉食魚です。

 

 昭和61(1986)年春、このサメの歯化石が、比企郡嵐山町在住の関根浩史氏により、深谷市(旧大里郡川本町)の荒川河床に分布する約1000万年前の地層(比企層群土塩層)から発見されました。

 歯化石(スケッチ) 

1個体分の歯がほとんどそろっていたため、歯の位置関係(歯列)や体長が推定されました。

 

 この発見により採集された実物標本と、アゴの復元模型を展示しています。

(記念写真を撮ることもできますよ!)

 また、復元の際に参考にしたホオジロサメのアゴや、復元の根拠とした比較データも併せて紹介しています。

午後は仕事して夕方からローラー48分

  • 5分 ウォーニングアップ
  • 20分 20分走(50キロ/時を維持)
  • 5分 クールダウン
  • 3分 レスト
  • 5分 ウォーミングアップ
  • 10分 インターバル(30秒+30秒)×10
  • 3分 クールダウン

やはり食事前の方が足が回る。

2016.09.10 朝練 ローラー12分/小川町オーガニックフェス

小川町オーガニックフェスに行くため、短時間で終了。

とにかく乗ることが大事ということで。

今日で丸々1ヵ月休みなく乗ることができた。

ローラー12分、10分間50キロ/時を切らないように。

小川町オーガニックフェスは、MINMIとか来て盛り上がりましたよ。当然宿泊組。

img_4012

img_4010

img_4013

img_4017

img_4022