2019-11

tax memo

税の「利息」引き下げへ 還付加算金1・1%に(日本経済新聞)

政府・与党は、納税者が払いすぎた税金を返してもらう時の「利息」にあたる還付加算金について、7年ぶりに割合を引き下げる方針を固めた。現在の1.6%から1.1%に下げる。還付加算金は、自動車大手など輸出企業が負担する消費税に絡んで発生するこ...
tax memo

毎月5億円が流出する大塚家具の超危機的状況(PRESIDENT Online)

特に問題なのが現預金の減少だ。今年9月末時点の現預金は昨年末から約10億円減って21億9000万円になった。勝久氏が大塚家具から去って久美子氏が全権を掌握した15年には100億円以上あったことを考えると、現在の水準は危機的と言えるだろう...
tax memo

技能実習生 ベトナム出身者は租税条約の免税条項対象外

週刊税務通信 令和元年11月25日 №3582 より タイトルのとおりなのですが。 顧問先の会社でもやはりベトナム人の技能実習生がずば抜けて多いです。 実際、最も来日する人数が多いのはベトナムからだそうで。 にもかかわらず、日本とベ...
tax memo

海外中古建物節税 減価償却計上不可、保有目的問わず不可、過去遡及なし

T&Amaster №812 2019.11.25 都心のお医者様や経営者様にご好評いただいていたスキームですが。 不動産所得の損失と給与所得の損益通算ができなくなる、というものではなく。 シンプルに、減価償却費の経費計上...
tax memo

住宅ローン控除 控除額が支払利息を上回る適用者が8割 会計検査院の指摘

週刊税のしるべ 令和元年11月25日 低金利を背景に、住宅ローン控除の控除率1%を下回る借入金利で住宅ローンを借り入れている人が増加していると、会計検査院が指摘。 住宅ローン控除額>支払利息 ということですね。 なので、10年...
tax memo

所有者不明土地 10年経過すれば相続分に応じ分割可能に(NHK)

所有者が分からないまま放置されている土地の問題を解決するため、法制審議会の部会は相続する際の登記の義務化や、遺産分割の手続きがなく10年が経過すれば、法定相続分に応じて分割できるようにするなどとした中間試案をまとめることにしています。 ...
tax memo

みずほ、租税回避地で係争 国税「84億円申告漏れ」 日本企業の税務リスク浮き彫りに(日本経済新聞)

みずほ銀行は租税回避地(タックスヘイブン)に置いた特別目的会社(SPC)の税務処理をめぐり、東京国税局から約84億円の申告漏れを指摘され、過少申告加算税を含め約20億円を追徴課税された。処分取り消しを求め、東京地裁に提訴した。26日まで...
tax memo

海外住宅投資の節税認めず 政府・与党、富裕層課税強化へ(日本経済新聞)

既報のとおり、会計検査院から指摘を受けていた中古の海外不動産を利用した節税策が令和2年度の税制改正で封じ込められることになりそうです。 高額な物件を買うほど節税の恩恵が得られるため、富裕層を中心に利用されている。会計検査院が富裕層...
tax memo

会計検査院 事業廃止時の消費税の課税漏れを指摘

週刊税のしるべ 令和元年11月18日 会計検査院が11月8日に平成30年度決算検査報告を公表しています。 既報のとおりですが、個人事業者が事業廃止時に保有していた棚卸資産以外の資産への課税漏れが指摘されています。 事業廃止届出書に...
tax memo

法人税の電子申告 迫る期限、進まぬ準備(日本経済新聞)

大企業による法人税と消費税の電子申告義務化が2020年4月に控えるなか、企業側の準備が進んでいない。民間の調査で、現時点で紙で申告している大企業が少なくとも3割あることが判明。紙で申告すると「無申告」扱いになることを知らないなど制度への...