民法 特別養子縁組見直しへ 改正を法制審に諮問(毎日新聞)

民法:特別養子縁組見直しへ 改正を法制審に諮問 – 毎日新聞

上川陽子法相は4日、虐待や経済的事情などで生みの親と暮らせない子どもを、血のつながりがない夫婦が法律上の実子とする「特別養子縁組制度」を見直す民法改正について法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。養子の対象年齢(原則6歳未満)引き上げなどが議論の焦点となる。

対象年齢を12歳や15歳に引き上げる案が浮上しているといいますが、そんなに成長してしまってから特別養子縁組しても大丈夫なものなのでしょうかという心配はありますが、感情面はともかく小さい子供たちが生きていくためには制度として受け入れ可能な体制を用意しておく必要性を感じます。

特別養子縁組、年齢引き上げ…10代後半も検討