財務省が年金支給68歳開始案=高齢化対策で審議会に提示-実現には曲折も(時事通信)

財務省が年金支給68歳開始案=高齢化対策で審議会に提示-実現には曲折も:時事ドットコム

財務省は11日、厚生年金の支給開始年齢を68歳に引き上げる案を財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会に示した。少子高齢化による年金財政悪化に歯止めをかけるのが狙いで、今後の改革論議に反映させる。ただ国民の反発は避けられず、実現には曲折もありそうだ。

現状の制度を維持している限りはどんどん後ろにずれ込むしかない。70歳まではいくのでしょうね。